高級賃貸情報発信のリッチな高級賃貸

高級賃貸は江戸時代から始まった

高級賃貸には江戸時代から始まった 現在の高級賃貸と言われるエリアは、実は江戸時代から始まった高級住宅街です。
たとえば、恵比寿エリアは、江戸時代には名だたる大名の下屋敷が立ち並んだことで有名なエリアで、明治以降サッポロビールの前身会社がこの地に工場を建設し、山手線内に駅を作ったことから発展してきた人気エリアです。
また、現在も「グランドプリンスホテル高輪」などの高級ホテルやハイグレードなマンションがある一方で、赤穂浪士の墓がある「泉岳寺」など由緒ある寺社が残っている高輪エリアは、隣の白金エリアとともに江戸時代のお屋敷街から発展した街です。
高輪は明治時代にも皇族や高官・財界人の邸宅が立ち並ぶ高級住宅街でした。
そのほかにも、広尾や麻布、松濤、青山、目白など現在も人気の高級賃貸のある街には、その昔は武家屋敷であったところが多くあります。
歴史的に守りやすく攻めやすい見晴らしのいい高台であることが多く、都心にありながらも喧騒を感じさせない好環境がひろがっています。

港区が誇る高級賃貸エリア

高級賃貸と呼ばれる形態の物件は日本中に多々ありますが、やはり最も高級路線なのは東京都港区です。
高額所得者や芸能関係の方々が多数暮らしているとも言われており、日本を代表する高級賃貸のエリアと言っても過言ではないでしょう。
こうした高級な物件に縁遠い方でも認知しているのが2003年に建築されたタワーマンションです。
既に完成してから10年を経過しているものの、当時と変わらぬ人気を保ち続けており、港区のシンボルとも言えます。
振り分け方としては大きく分けて4つに分類されており、総戸数に関しては793戸です。
都心部でこれほど多くの個数を確保することができるのは、やはり大手の企業が携わっているからこそであると言えます。
しかも、隣接しているビルでは高級料理の他に一般的な日用品も手に入る事から生活環境に対して不便を感じるという事は全くありません。
全て室内を通って行く事が可能なのでたとえ雨が降っていても濡れずに訪れる事が可能です。